ヒストリー

UNIQUEASE Corporation

UNIQUEASE Corporation(UPhils)は、2010年5月28日にソーシャルビジネスとして創立され、フィリピンの「貧困の負の連鎖」を断ち切るため、恵まれない環境で生まれ育った青少年たちに経済面と精神面の両面の自立を促すことを目指し、2010年8月8日、ユニカセ・レストランをマニラでオープンしました。

事業内容

非政府組織(Non-Governmental Organization/NGO)や地域の市民団体(People’s Organization/PO)で支援を受けたフィリピン人の青少年を雇用し、仕事をする上で必要なビジネススキルを向上させる実践的なトレーニングを提供しています。リアルなビジネスで働く体験を通し、社会の一員となるロールモデルを育成し、ユニカセは10年間で70名以上の青少年スタッフを育成しました。

また、日本やフィリピンのお客様と青少年スタッフとの異文化交流会を開催し、社会課題の取り組みを共有する場としてもご好評をいただきながら、「自然食レストラン」として健康的なお食事を提供し、2017年から3年連続「ベスト・ヘルシーレストラン賞」を受賞いたしました。

そして、生活向上事業のための商品を作っている20団体以上のパートナーNGOともコラボレーション実績があります。

2020年3月から始まった新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、2021年2月にフィリピンのレストランは閉店しましたが、その後、ユニカセ・レストランでロールモデルとして成長した青少年スタッフたち次世代教育を試みオンラインを活用して若者たちのトレーニングを行っています。

 過去のフィリピンでの事業

①「自然食レストラン」として健康的な食事の提供(フードビジネス)

②NGO/PO裨益者の青少年雇用と実践的な研修事業(ビジネススキル向上)

③貧困層の子どもを対象とした教育(CSRイベント)

④貧困層の女性を対象とした食育

過去のフィリピン人青少年スタッフ

フィリピン青少年トレーニング事業

講演

過去の現地受入インターン・学生スタッフ