第3回 国際協力・ソーシャルビジネス アジアカンファレンス2018

スライド1

『第3回 国際協力・ソーシャルビジネスアジアカンファレンス2018』では、「Children at Riskにおける支援」のさまざまなステージを整理し、「自立」への考察と事例の紹介を行います。
「Children at Risk」とは、ストリートチルドレン、孤児、被虐待児など危険な状況下にある子どもたちを指す言葉です。
彼らを支援するため、①保護、②就学支援、③就労支援が行われていますが、自立のために必要不可欠な就労には困難が伴い、貧困のループを断ち切れていない現状があります。
本カンファレンスでは、東南アジアで活動するNGO職員、社会起業家、Children at Riskの過去がある青少年が集い、現場のリアル、現場の求めるサポートを語ります。
またフィリピンで、ソーシャルビジネスに関わっていた学生や社会人の活動報告も行います。

「普段なかなか時間がないので、気軽に『国際協力やソーシャルビジネス』について知る機会がほしい」
「現場で困難な子どもたちと日々向き合っている、NGO職員や社会起業家の話を聞きたい」
「社会貢献のために、『今、自分にできること』を見つけたい」
そのような思いを持ったあなたにオススメのイベントです。

【日時】
2018年10月27日(土)
9:00  -12:00     PCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)ワークショップ
13:00-18:00     第3回 国際協力・ソーシャルビジネス アジアカンファレンス2018

【会場】
JICA地球ひろば(〒162-8433 東京都新宿区市谷本村町10-5)

【参加費】
社会人 3,000円 学生 2,000円
※PCMの参加費は上記に含まれております。

【お申込みフォーム】(所要時間:1分)
https://goo.gl/4F7DgM

【主催】
特定非営利活動法人ユニカセ・ジャパン

【協賛】
日本航空株式会社

プログラム

【オプショナルセミナー】

9:00-12:00 PCM(プロジェクト・サイクル・マネジメント)ワークショップ
(希望者のみ約 30 名様)

国際開発の世界で広く活用されているマネジメントツール PCM を土台としたワークショップ。講師、河辺亮輔氏とともに国際協力プロジェクトの作り方の基本を学び、社会起業家中村八千代氏も参加しフィリピンの Children at Risk をテーマに国際協力プロジェクトの作り方を体験する。

【第3回 国際協力・ソーシャルビジネス アジアカンファレンス 2018】

13:00-13:45 基調講演 「Children at Risk(様々な危険にさらされた子どもたち)」

<講演者>
認定 NPO 法人 国境なき子どもたち(KnK)  久野由里子
「ChildrenatRisk」と呼ばれる貧困の犠牲となっている子どもたちの状況や背景、NGO の支援活動 など、現場のリアルを語る。

13:45-14:30 パネルディスカッション 「社会起業家のミッション」

<社会起業家>
フィリピン     UNIQUEASE Corporation       中村八千代
インド            Iroha India                               柳邦明
カンボジア     NPO 法人 SALASUSU         横山優里
ベトナム         HuongLai                                白井尋

「Children at Risk」だった過去を持つ青少年らが、「与えられる側」のその先にある「働く」というステージに進む際、どのような環境が待ち受けているのか(トラウマ症状、学歴問題、差別等)や、現在抱えている葛藤や課題、今後の展望について、最前線で彼らと対峙している社会起業家たちによるシェアリング。また、活動を始めたきっかけや、求めるパートナー・サポーターを紹介する。

<14:30-15:00 休憩>

15:00-15:30 「Children at Risk」だった過去を持つ青少年の奮闘

<フィリピン人青少年>
UNIQUEASE Corporation          Rhea De Los REYES
「Children at Risk」を抜け出した青少年が、「与えられる側」から「生み出す側」へとなり、仕事を通しての喜びや試練を乗り越えるための信念など、続けることで見えてきた現実を語る。

15:30-16:00 学生体験談発表「現地長期派遣から感じた国際協力のあり方」

(第 7 期トビタテ!留学 JAPAN 日本代表プログラムフィリピン派遣留学生)
NPO 法人 ユニカセ・ジャパン 学生スタッフ  原山直人氏/玉井仁和子

学生の立場で長期海外派遣の経験を積み、異文化や組織の中で実感するジレンマとやりがいを感じながら学んだ「海外で働くこと」についてを伝える。

16:00-17:00 対談「留職」ボーダレスに広がる社会貢献の今を語る

<パネリスト>
NPO 法人 クロスフィールズ                 井上良子
アステラス製薬株式会社                  中野敦雄氏(クロスフィールズ派遣者)
認定NPO 法人 ソルトパヤタス理事長   上田壮一朗

新興国の NGO や企業とともに社会課題解決に挑むプログラムと、営利企業の人材育成とをマッチングする新しい社会貢献事業を生み出したクロスフィールズと、企業に勤めながら NGO の理事長 として社会貢献活動に参加し続ける上田氏の対談。
想いややりがい、事業の広がり、現場でどのようにスキルが活かされるのか、などを紹介いただく。

【懇親会】

17:00-18:00 参加者懇親会
当日の参加者(講演者、パネリスト、後援団体、協賛企業・団体、来場者等)が自由に情報交換できる軽食付きの懇親会。
今回は三吉侑氏と池田妃呂氏の箏演奏をお楽しみいただきます。

【販売・展示ブース】

12:00-18:00 登壇者関係やパートナー団体の販売・展示ブース、約 10 団体設置
各ブースにて、NGO のフェアトレード商品販売や活動紹介を開催。
<パートナー団体販売/展示ブース>
1 認定NPO法人 国境なき子どもたち(KnK)
2 UNIQUEASE Corporation(フィリピン)
3 NPO法人 SALASUSU(カンボジア)
4 認定NPO法人 ソルト・パヤタス(フィリピン)
5 株式会社 ミライロ(国内)
6 株式会社 Girls, be Ambitious(フィリピン)
7 株式会社ココウェル(フィリピン)
8 認定NPO法人アクセス-共生社会をめざす地球市民の会(フィリピン)
9 empopo(フィリピン)
10 NPO法人 LOOB JAPAN(フィリピン)
11 SPNP(フィリピン)
12 NPO法人 ゆずりは工房(国内)
13 株式会社 コネクト&フロウ(国内)
14 NPO法人 クロスフィールズ
15 NPO法人 ハロハロ

スライド1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です