npo_key

代表挨拶

中村八千代

私がNGO の派遣ではじめてフィリピンを訪れたのは、2006 年のことです。そしてその際に知った貧困層の青少年を取り巻く厳しい現状に、大きな衝撃を受けました。親の都合で高校や大学を中退させられる者、ゴミ拾いをしてスラムに生きる者、ストレートチルドレンとして過ごす者、人身売買の犠牲者となる者……そんな数多く「危険にさらされた子どもたち」の存在です。そして、彼らが青年になり、親となってもその子どもたちがまた同じ道をたどる、貧困の連鎖から抜け出せない現実──。

そんな不条理な社会の中でも、彼らの生きる道を共に見つけていきたい、強くそう思いました。

想像以上にフィリピンは学歴社会です。デスクワークはもちろん、カフェのウェイトレスに就職できるのも大卒のみ。その上、貧困層に対する差別も根強く、運よくNGO の支援を受けて大学を卒業した者ですら就職先が見つからず、将来が見えません。

私は、この貧困の連鎖を食い止めるには、なにより雇用機会の創出が必要だと考え、2010 年に社会的企業「ユニカセ・コーポレーション」を設立しました。運営するレストランを舞台に雇用と教育を実施し、貧困の連鎖を食い止めて危険にさらされた子どもたちを減らすことを目的としています。この取り組みは大きなチャレンジです。フィリピンの社会が抱える深刻な問題の前では微力かもしれませんが、それでも社会を変える可能性を秘めています。今すぐに変えることはできなくても、現在ユニカセ・コーポレーションで働く青少年たちが10 年後、20 年後に変えていってくれると信じたい。

そして、その思いに賛同いただいた皆様とともに2013年に日本でNPO法人ユニカセ・ジャパンを設立いたしました。

日本と世界の青少年が夢を描き、大きく羽ばたける社会創りを目指して活動を開始しています。

さまざまな課題は山積していますが諦めず、いま自分たちにできることから始めよう。その想いをここユニカセで形にしたいと願っています。
特定非営利活動法人ユニカセ・ジャパン 理事長

中村八千代

プロフィール

1969年生まれ。明治大学商学部卒。

中堅スーパーを経営する父、酒販店を経営する母のもとに生まれる。

20歳の頃、母が病死。学生のまま酒販店を引き継ぐ。年商3億まで売り上げを伸ばす。

しかし経営悪化していた家業のスーパーが倒産。連帯保証人として4億円の借金を背負い、酒販店の経営を行いながら借金返済に奔走。この頃から「誰かのために働きたい」という想いが芽生え児童養護施設でボランティアを始める。

2002年、借金返済の目途が立ったため、酒販店を閉店し緊急医療援助のNGOへ就職。

2006年以降、フィリピンやヨルダンに赴任。貧困層の子どもたちの支援活動と資金調達を担当するなかで、貧困の連鎖のなかに生まれ危険に直面している子どもたちを救済支援する方法を模索するようになる。

2010年、フィリピンでNGO裨益者であった青少年を雇用し、“食“ビジネスで働く場を提供する社会的企業 ユニカセ・コーポレーションを設立。

2013年には日本でNPO法人ユニカセ・ジャパンを立ち上げ、貧困の青少年に雇用機会創出とビジネス及びソーシャルトレーニング、就学支援を行っている。

自らが20代で借金を背負い夢を諦めた体験をもとに、1人1人に寄り添い、経済的、精神的自立をサポートしている。

<表彰歴>日経ソーシャルイニシアティブ大賞ファイナリスト(2013年)